So-net無料ブログ作成
検索選択

ポール・マッカートニー@東京ドームに参戦 [音感]

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017@東京ドーム公演に参戦。オープニングは「A Hard Day’s Night」。今年の6月で75歳となるポール、ビートルズをはじめウイングス、ソロからおなじみのナンバーをベースやギター、ピアノなどで次々と演奏し歌う。アンコールは「Yesterday」「 Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)」「Hi, Hi, Hi」「I Saw Her Standing There」「Golden Slumbers〜Carry That Weight〜The End」。およそ2時間半の休憩なし、今回も水など飲まず40曲近くのライブ、元気すぎる後期高齢者!? 来年、再来年も来日してくれるかな?
pm_2017 - 1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

加川良が逝く [音感]

フォークシンガーの加川良が急性白血病のため、4月5日に都内の病院で亡くなる。69歳。国のために命を捧げる愚かしさを歌った名曲「教訓Ⅰ」を歌い継ぐのは、なぎら健壱と坂崎幸之助か!?
kagawa_ryo - 1.jpg
https://youtu.be/FSaMY7TRgFI
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

東北ユースオーケストラ演奏会 2017@t東京オペラシティに参戦 [音感]

2011年の震災後に、東北の被災3県(岩手・宮城・福島)の小中高大学の子どもたちが、プログラムごとに編成を変えて活動しているという東北ユースオーケストラ。今回、東京オペラシティコンサートホールでの演奏会には、音楽監督・ピアノ=坂本龍一、指揮=栁澤寿男、朗読=吉永小百合、歌・三線=うないぐみ、司会=渡辺真理という豪華メンバーが参加。演奏曲目は「ラストエンペラー」「八重の桜 メインテーマ」「Three TOHOKU Songs」(大漁唄い込み、南部よしゃれ、相馬盆唄)「てぃんさぐぬ花」「弥勒世果報(みるくゆがふ)」「マーラー 交響曲第1番」など。アンコールは坂本龍一のアルバム『音楽図鑑』からジャズテイストの「ETUDE」が演奏された。チケット料金には東北ユースオーケストラへの寄付金も含まれている。若くフレッシュで前向きな演奏に拍手喝采! 少年少女たち来年も皆でステージに立って素敵な音を届けておくれ〜♪
tyo2017 - 1.jpgtyo2017 - 1 (1).jpgtyo2017 - 1 (2).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チャック・ベリー逝く [音感]

先日、日本の音楽シーンの先頭で活躍していたかまやつひろしが亡くなったが、今度はロックンロールの創始者の一人でビートルズやローリングストーンズなどにも大きな影響を与え、「メイベリーン」「ロール・オーバー・ベートーヴェン」「ジョニー・B.グッド」などの名曲を生み出したチャック・ベリーが90歳で逝く。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で主人公が過去に行き「ジョニー・B.グッド」をギターで弾きまくるシーンを思い出す! チャック・ベリー安らかに…
cb_2017 - 1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今週聴いたアルバム〜気分は70年代!? [音感]

201701_m - 1.jpg
ニューオリンズ・サウンド最高峰の名プロデューサでアレンジャー、ソングライター、ピアニストのアラン・トゥーサン、1975年の名作『サザン・ナイツ』。
ザ・ナターシャーセブンが79〜80年にかけてリリースした「シングル文庫」と70年代のシングルを集めた『シングル・コレクション(「シングル文庫」+8)』。
矢野顕子+TIN PAN(細野晴臣,林立夫,鈴木茂)が各ソロや、はっぴいえんどの曲を演奏した2015年のライブ盤『矢野顕子+TIN PAN PART II さとがえるコンサート』 。
アラン・トゥーサンも昨年亡くなり、ナターシャーセブンのメンバーだった木田高介、坂庭省悟も今は天国に。矢野顕子+TIN PANも故・大滝詠一の曲を2曲カバー…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年音楽界訃報 [音感]

1月/ピエール・ブーレーズ(指揮・作曲家)、デビッド・ボウイ、グレン・フライ(イーグルス)、2月/モーリス・ホワイト(アース・ウインド&ファイアー)、松原正樹(ギタリスト)、3月/ジョージ・マーティン(ビートルズのプロデューサー)、キース・エマーソン(EL&P)、4月/プリンス、5月/冨田勲、7月/中村紘子(ピアニスト)、永六輔(作詞家)、8月/トゥーツ・シールマンス(ハーモニカ・ジャズ)、ルディ・ヴァン・ゲルダー(ジャズ録音エンジニア)、11月/レナード・コーエン、レオン・ラッセル、りりィ、12月/グレッグ・レイク(キング・クリムゾン、EL&P)、ジョージ・マイケル(ワム)、ピエール・バルー(男と女)…etc。今年、旅立った人たち。ラジオやレコード、CD、ライブなどで耳を傾けた歌、演奏、サウンド…感謝!
16goodbye - 1.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

山下洋輔×岡林信康 @EXシアター六本木に参戦 [音感]

フォークとジャズのレジェンドが同じEXシアター六本木のステージに。岡林信康&山下洋輔スペシャル・カルテット(山下洋輔p、類家心平trumpet、坂井紅介b、本田珠也dr)。第1部は山下洋輔スペシャル・カルテットによる「ファーストブリッジ」「幻燈辻馬車」「クルディッシュ・ダンス」「チェニジアの夜」などのナンバーをエネルギッシュに披露。第2部は岡林のソロでスタート。「チューリップのアップリケ」「26ばんめの秋」「橋〜“実録”仁義なき寄合い」などを弾き語り。途中から山下洋輔のピアノが加わった「君の捧げるラブソング」「山辺に向いて」などではフォークもジャズも越えてサウンドがとびきり豊かに。アンコールは山下洋輔スペシャル・カルテットのメンバーも揃って、美空ひばりの「お祭りマンボ」「自由への長い旅」を熱く演奏。山下も岡林もにこやかに満足した様子で退場。大人の音楽を満喫した夜。
okbys×ymst - 1.jpgokbys×ymst - 1 (1).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大貫妙子 Symphonic Concert 2016@東京芸術劇場に参戦 [音感]

大貫妙子ソロデビュー40周年プロジェクトの第2弾、初のシンフォニックコンサート「大貫妙子 Symphonic Concert 2016」@東京芸術劇場コンサートホールに参戦。編曲・指揮に千住明、演奏は東京ニューシティ管弦楽団。さらにおなじみのバンドメンバー、林立夫(d)、フェビアン・レザ・パネ(p)、小倉博和(g)、鈴木正人(b)も参加。千住明はシュガー・ベイブの頃からの大貫ファンだったのはびっくり!! アンコールは、「シャル・ウィ・ダンス(Shall We Dance)」。曲よし、アレンジよし、演奏よし、歌よし…極上のポップスに酔いしれたNight! マーティ・ペイチや大滝詠一も天国から拍手していることだろう〜
taeko_o_161222 - 1.jpgtaeko_o_161222 - 1 (1).jpg

TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU~Symphonic Concert 2016

TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU~Symphonic Concert 2016

  • アーティスト: 千住明,東京ニューシティ管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「活動休止の休止」最後(!?)のムーンライダーズ@中野サンプラザに参戦 [音感]

1976年にデビュー、今年40周年を迎えたムーンライダーズ。2011年12月31日を最後に無期限活動を休止。今年は「活動休止の休止」活動再開を期間限定で発表し、秋からは「Moonriders Outro Clubbing Tou」も行う。本日はその締めくくりの中野サンプラザホールでの「Moonriders Final Banquet 2016~最後の饗宴~」。メンバーは全員60代の、 鈴木慶一、 鈴木博文、 岡田徹、 白井良明、 武川雅寛。Drは故かしぶち哲郎に代わって夏秋文尚が。「マニアの受難」「犬にインタビュー」「静岡」などのレアな曲、「モダーン・ラヴァーズ 」「Kのトランク」「スカーレットの誓い」「BEATITUDE」などの代表的なナンバーも次々と演奏。アンコールは「さよならは夜明けの夢に」「くれない埠頭」。またいつか、休止の休止の休止の休止の再開してステージに勢揃いしたムーンライダーズを聴きたい♪
moonr_16 - 1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新宿フォークソングが流れる街に参戦 [音感]

新宿フォークソングが流れる街~新宿には今日もフォークソングが流れている~@新宿文化センター大ホールに参戦。出演は、六文銭’09(小室等・及川恒平・四角佳子・こむろゆい)、高田漣、カルメン・マキ、あがた森魚、なぎら健壱という個性あふれるメンバー。アンコールには全員がステージに登場し、高田渡の「生活の柄」「自転車にのって」を歌って幕が下りる。客席もステージ上も高齢化が進んでいるかな!? 
1010.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽